仙台市子ども食堂助成金制度が4月から始まりました!

「子どもの貧困」が社会問題化する中で全国に子ども食堂が広がっています。
「こども」を中心に地域のネットワークの構築やコミュニティの活性化によって、誰もが安心して暮らせるまちづくりにつながっていることに大きな期待が寄せられています。

私がこれまで視察した「子ども食堂」は「子どものために何かしたい」という大人たちが、力を合わせて取り組んでいました。「みんなで食べると美味しいね」「ここに来るとホッとする」「カレンダーに印をつけて楽しみにしている」などの感想が寄せられています。

今年度から仙台市は子ども食堂助成金制度を創設し「子どもが地域とつながり、健やかに育つ環境整備を促進する」としています。これまで、自力で子ども食堂に取り組んできた団体の運動の成果と言えます。
市の後押しによって「こども食堂」が今後も発展していくようしっかり見守りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA